179、離婚後疎遠だった父

2018年10月22日

お父様がお亡くなりになったとご相談にいらっしゃったのは若い男性A様でした。
 お話を伺うと、子供の頃ご両親が離婚され、A様は、妹B様とともに、母親にひきとられ現在まで生活をされており、ご両親の離婚後、お父様とは疎遠でどこでどんな生活をしているのか分からない中、病院から連絡があって亡くなったことを知ったそうです。お父様の死後A様ご自身で色々と調べながら相続手続きを進めてきたが、借入金の心配などがあり相談にいらっしゃったということでした。

 必要手続きについては、お父様が現在どんな生活をされているのか分からないところからでしたので、再婚の有無、内縁関係なども調べる必要がありました。遺族年金は内縁関係も認められる場合があるからです。
 また、一番心配されていた借入金の部分では、日本信用情報機構へ申請すると借入金部分がどのくらいあるのか、故人の借入金の全てではないが確認することができることをお伝えしました。

 早速手続きをはじめると、お父様の借入金部分は特段心配するほどの金額はなく、退職金や現預金、生命保険、不動産(マンション)と、プラスの財産があったので、A様とB様で遺産分割協議をし、手続きは完了しました。

 この場合、A様とB様のお母様(つまり亡くなった方の元妻)は相続人となりませんので、財産を相続することはありません。
 ですがA様は、『離婚後、女手ひとつで私たちを育ててくれ、養育費なども一切支払
われなかったようなので、お金は大変だったと思う。だから父が残した財産を母にも分けて、人生を楽しんでほしい。』とおっしゃっていました。


【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら