200、何かあったらお電話いただけますでしょうか?

2019年04月01日

 山野さん(仮名)から無料相談のお申し込みをいただいたのは年の瀬の12月。お父様が亡くなり、相続人は山野さんとお母様のお二人でした。預金と不動産の手続を承ることとなり、お見積り額を提示して、正式に受託となりました。
 
 山野さんのお母様は手足が不自由であることと、山野さんの勤務が不規則であることから、有料老人ホームにいました。私が老人ホームに伺い諸手続の説明や書類へのご署名、実印の押印などにも立ち会わせていただきました。5月初旬には無事全ての手続きが完了、山野さんのお父様のご遺産は、親子で2分の1ずつ相続しました。手続完了の際には、「また何かあったらご連絡いただけますでしょうか?」とお二人にご挨拶を申し上げ、業務を終了しました。

 お父様が亡くなり1年余りが経ったころ山野さんから電話がありました。「3日前に母が亡くなったので今回も手続をお願いします。」とのこと。

 山野さんは、1年間に相続の手続を2回経験することになりましたが、当センターのサポートで滞りなく終えることができました。

【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら