221、複雑な相続手続き

2019年09月17日

父が亡くなり、同居している長男のAさんから相談がありました。
相談の内容は、相続の話はまとまっているが、弟(三男)はすでに亡くなっており、その子供3人が代襲相続人になるが、
1人はダウン症(Bさん)、1人は成年(Cさん)、1人は未成年(Dさん)であることがわかりました。
 Bさんには、成年後見人が必要であり、Dさんには代理人が必要で、
相続の手続きをすすめていくには、それぞれの手続きが必要となりました。
それらの手続きが終わり次第、遺産分割協議書を完成させ、金融機関、不動産の手続きを順次進めていきました。
相続の手続きを進めていくのにさらに必要となる手続きがあるケースがあり、
今回は全ての相続の手続きが完了するのに、約2年もかかりました。
どういう手続きをおこなわなければならないか、専門家に相談されることを勧めます。

【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら