222、相続する場所が思いもよらない場所に・・・

2019年09月24日

Oさん一家は代々、和歌山県で農家を営んでおりました。OMさんの父が病気のため死去し、相続をしなければいけないことになりました。相続人は母とOMさんを含む子供3名の計4名となります。
 当初OMさんは自分自身で相続関係の手続きを完了させる予定でしたが、遺産相続が高額で、税務申告の必要性があるということで、当センターにご依頼がありました。
 打ち合わせ当初において、OMさんが財産の一覧表を持参されていて、不動産については自宅周辺の土地があるだけということでした。固定資産税の通知書も併せて持参していただきましたが、海南市の通知書のみでした。
 相続財産の調査をおこない、有価証券・生命保険等について整理し、不動産についても権利証等についても確認財産の総額が確定しつつありました。
 何度か打合せをおこない、雑談等をしている中でOMさんの父が高齢であったこともあり、『お父さんと同世代の方でよく原野商法に引っ掛かった方がいます。』ということを話していました。
 そのことがOMさんの中で何か思い当たるところがあったらしく、もう一度、家の中に資料がないか探したそうです。そうすると、倉庫の奥より、北海道と沖縄県の土地の権利証が出てきました。
 登記簿謄本にて確認をしますと、間違いなく現状でもOMさんの父名義の土地であることが判明しました。原野であり固定資産税評価額が低く、固定資産税がかからない範囲のため今まで気が付かなかったそうです。相続税の申告期限間近でありましたが、遺産分割等も何とか間に合いました。
 その後、北海道・沖縄県の土地は持っていても利用価値がなく、地元の不動産業者により売却も完了しました。結果的に現金化できOMさんを含む相続人の方にも喜んで頂きました。

【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら