239、実は父親の相続人ではなかった・・・

2020年01月27日

 幼い頃に父親を亡くして、母親と二人で暮らしていたYさん。
高校生になったときに母親から再婚を考えている事を打ち明けられました。
そしてYさんが高校卒業と同時に母親が再婚。
新しい父親となる相手の方Xさんも再婚というバツイチ同士の結婚でした。
Yさんが20才のころには妹が生まれ、歳の離れた妹と新しい家族と幸せに暮らしていました。
 しかし10年後、病気によりXさん(新しい父親)が他界してしまいました。
なんとか葬儀も済んで気持ちが落ち着いてきそうな時に、
Xさんの子供と名乗る者が自分は相続人であると権利を主張してきました。
Yさんは知らなかったのですが、Xさんは前妻との間に子供がいたようで、
離婚のときに前妻が引き取り別々に暮らしていた事が判明しました。
 さらにXさんには祖父母が残した不動産と土地があるようで、それについての協議も
しなければなりません。
 そこでYさんからご連絡をいただきました。相続人調査を進めていくとYさんは
Xさんの相続人ではない事がわかりました。
Yさんの妹とXさんの前妻の子供はXさんと血縁関係にあるので相続人と認められ、
Yさんの母親は配偶者であるので相続人となります。
しかし、Yさんと亡くなったXさんは血縁関係にはないので、法的に親子関係は認められません。
今回のケースでYさんが相続人となるには、XさんとYさんが生前に養子縁組をして
親子関係を成立させる必要がありました。
 色々な出来事が一気に起こり、手続き中Yさんはとても疲れていらっしゃいましたが、
すべての手続きが終わったときには「肩の荷がおり、すっきりした」とおっしゃっていました。

【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら