264、遅すぎた相続手続き

2020年07月27日

平成25年4月に、相続手続の無料相談の電話がありました。
 申込者 中曽根さん(仮名)が事務所へ相談に来ました。
 父親が平成20年2月に亡くなり、母親はそれ以前に亡くなっていて
相続人は中曽根さん1人ですが、まだ相続手続きをしていないとのことでした。

 名義変更するのは、不動産(土地・建物)のみです。
 土地は市の区画整理事業(道路拡張工事)により、今年7月に移転することとなっています。
 相続と重なってわからないことが多いので相続手続支援センターへ相談に来社され、
全てを相続手続支援センターにしてもらいたい、とのことでした。

 次の週、市の担当者へ連絡して、今後のすべきことを確認しました。
 回答は、土地の名義変更と土地・建物の移転に伴う補償金収入の確定申告をすれば良いとのことでした。
 中曽根さんにその旨を連絡すると、今まで1人で悩んできたことが嘘のように、安心した様子でした。
 確定申告はまだ資料が揃わないので、揃い次第手続きを進めることとなりました。

 今回の相続手続き(相続登記)については、後日見積書を提示して申し込みをいただきました。
 必要書類の取り寄せは、死亡から5年を経過しているので戸籍の除票は発行不可、
住所証明のための不動産権利証は紛失と厄介な問題がありましたが、
市で所定の証明書を発行してもらうことにより解決しました。
 6月に相続登記が終わり、5年目にして相続手続きが終了しました。

 今回の相続のように、相続人が1人の場合は他の相続人がいないので遺産分割協議については
同意の判は不要であるため、自分だけのペースで手続きが進みがちですが、
市の区画整理事業の影響により急遽手続きを行うこととなりました。

 後で何が起こるか分からないので、相続手続きは早めにしておくべきだ、と中曽根さんは反省しました。
また、今回のように自分だけで悩まず、相談できるところを早めに探して解決することが必要だと思いました。

【無料相談受付中】通話料無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら