285、自筆証書遺言による相続手続き

2021年01月05日

Aさんがお亡くなりになり、相続人である夫のBさんから相続手続きの依頼を受けました。
 AさんとBさんの間には、子供はいません。今回の相続人は、兄弟姉妹、甥姪とのことでした。
Aさんは、相続人がたくさんいることを把握していたため、生前中に自筆証書遺言を作成していました。
 
 まずは、遺言書の検認手続から始めるために、戸籍収集をして相続人を確定することからはじめました。
戸籍収集をして相続人を確定すると、相続人19名。
 しかし、戸籍収集している間に亡くなった方がいたため、
その亡くなった方の相続人の戸籍までも収集することになり、
戸籍を集めるだけで約2か月も時間を要しました。
 その後、無事相続人全員の戸籍を収集することができ、検認手続きを終えることができました。

 次に、相続預金の解約手続きを行いました。
 銀行に自筆証書遺言を提示しても、銀行からは「相続人全員から指定用紙に署名、
実印を頂いて下さい」と言われ、なかなかスムーズに手続きはできませんでした。
銀行の担当者と交渉し、上司にかけあって頂いた結果、
なんとか自筆証書遺言で預金を解約することが出来ました。

 最後に、不動産の相続登記を司法書士に依頼しました。その際にも、
この遺言書の内容だと無効になる可能性があるとのことで、
この遺言書では登記できない可能性があると言われました。
 しかし、その後、何も問題なく登記も完了し、無事全ての相続手続きが完了しました。

 Aさんの相続財産は、預金と不動産手続きのよくある一般的な相続手続きでした。
 しかし、自筆証書遺言であったために、戸籍収集から預金解約と相続登記が完了するまで、
多くの時間を要した手続き内容でした。
 これがもし公正証書遺言であったならば、手続きはもっと早く終わらせることができたと感じました。
公正証書遺言が優れていることが、明確になった手続きでした。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら