292、相続人は88歳

2021年02月22日

先日、Aさんから「母方の叔父が亡くなり、相続手続きをしなければならないのだが自分では、
なかなか大変で・・・」とお電話をいただきました。
 お話を伺っていると、叔父は子供も妻もなく両親、
他の3名の兄弟も皆さんお亡くなりになっていました。
 一度、お会いして詳しくお話ししたいとのことでしたので、
面談させていただき代襲相続人になるであろうAさんの従兄弟の人数を伺いました。

 しばらくご無沙汰している従弟もいて、思い出せる限りで相続人は12名。
 年賀状のやり取りをしている方も全員ではなく、存命かもわからない状況でした。
 叔父は、100歳の誕生日を迎えその夕方にお亡くなりになり大往生でしたが、
残されたAさん夫妻は「叔父さん、せめて遺言書でも残してくれたら・・・」と。

 Aさんは、相続人といっても88歳。
 日頃、疎遠の親戚を自分で探すことも難しくなっています。
 遺言書の必要性をつくづく感じた案件でした。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら