312、先妻の子供の調査

2021年07月12日

今年9月、父親が亡くなり、相続人調査および相続登記をお願いしたいという案件が入ってきました。相談者の田中さん(仮名)のお話によると、父親には先妻がおり、子供がいたとのことでした。すでに、父親の出生から死亡までの戸籍を取得されていたのですが、確かに先妻との間に田中さんのお兄さんに当たる子供がいました。これ以上は自力では集められないとのことで、依頼を受けました。

 相続人を特定し、田中さんに「この住所にお手紙で連絡を入れてみてください」とお願いしました。手紙には相続登記や預貯金の相続手続をしたい旨や田中さんの住所・電話番号を書いていただきました。そのほか、「相続人関係説明図」、「被相続人の死亡の確認できる戸籍のコピー」、「現在戸籍(田中さん分)のコピー」も同封していただきました。

 すると、送付日から9日後、直接お兄さんから電話があり、「すべて田中さんが相続してください」という旨の連絡があったとのことでした。
早速、分割協議書を作成し、お兄さんにも捺印いただき、無事相続手続きをすることができました。

「途方に暮れていたところを手伝っていただき、無事完了してほっとしました。ありがとうございました。」と田中さんから感謝の言葉を頂きました。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら