424、手続きから繋がる縁

2023年12月4日

ご主人が亡くなり、奥様のAさんが手続に困っているということでお伺いしました。
 相談当日は奥様のAさんと息子のBさんの奥様がいらっしゃいました。

相続の手続きをしようと思い戸籍を取寄せたところ、ご主人に先妻と子供がいることが判明しました。存在すら知らなかったようで、その後の手続をどうすれば良いか分からないとの事でした。

御主人は、戦前に結婚されて、離婚されていました。奥様のAさんも知らなかった事ですが関わりたくないとの事で、私共もお会いする事もできませんでした。
相続手続支援センターの考え方をお伝えし、今回判明した先妻の子供のCさんと連絡を取り手続を進める必要があることを説明しました。
相続人の方から経緯の説明をしていただきたい事をお伝えし、手続を進めていきました。お手紙を送る段階で、考えを理解いただきBさんからも少しずつ御協力をいただけるようになりました。
また、先妻の子供のCさんが亡くなっていて、その子供が二人(Dさん、Eさん)いることが判明し、こちらも連絡を取る事になりました。
しばらくして、先妻の孫のDさん・Eさんと連絡を取る事ができましたが、Dさん・Eさんにとっても聞いたことの無い話で、Dさんからは「内容は分かったが、協力するには文書でなく、直接話して欲しい」との依頼がありました。

Bさんは、当初先妻の孫のDさん・Eさんとは、関わりたくないし連絡を取りたくないとお話されていましたが、Dさんの要望をお伝えし、Dさんと直接お話ししていただきました。Dさんも経緯の説明に納得し、手続に協力いただける事になりました。
手続が進むにつれ、先妻の孫のDさん・Eさんも、後妻の息子Bさんもより協力的になりました。先妻の孫のDさん・Eさんも今まで存在も殆ど聞かなかった祖父のことを受け入れ、お墓参りの約束まで取り付けるようになり、お互いの家族で連絡を取り合うようになりました。
私どもはきっかけを作ったに過ぎませんが、手続がスムーズに進む事により、失われていた関係がつながって行き、人間関係の面でも喜んでいただけるケースを見ることができました。
相続人皆様の円満な相続手続きを進める考えを表して、進めることの大切さを感じました。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら