428、相続人は13歳と8歳

2024年1月15日

Aさんを亡くされたAさんの母が相談に来ました。
Aさんには別れた奥さんとの間に13歳と8歳の子供がいて、Aさんは男手一つで2人の子供を育てていましたが、突然の病に倒れ、最後まで子供のことを心配して亡くなったそうです。
Aさんが亡くなってから、学校のこともありますので、Aさんの家にAさんの父と母が移り住み、ふたりの子供の世話をし始めたそうです。
また、Aさんの兄弟も子供の世話を気に留め、二人の子供の世話にも参加するようになりました。
Aさんの母はAさんの相続について、「これからのこともあるのでAさんの家も含めてすべてを13歳と8歳二人の孫に相続してほしい」という希望がありました。

今回、未成年者が相続人ですので、相続の手続きを行うにあたり未成年後見人を立てる必要があります。
別れた奥さんに連絡したところ、「二人の子供の面倒をみるつもりはなく、すでに新しい生活をしているので、すべてAさんの母の方で進めてください」ということでした。
そこで、二人の未成年後見人にAさんの母がなり、相続の手続きを進めました。
Aさんの不動産や預金すべての財産を、Aさんの子供が半分ずつ相続しました。

これからはAさんの母が二人の未成年後見人として、二人が成人するまで財産管理を行い、収支表も家庭裁判所に一年に一度提出することになります。
Aさんの母の手間は増えたものの、Aさんの母自身、Aさんから託された子供をしっかり育てなければならないと、日々奔走されているそうです。
また、Aさんの兄弟も家族として、引き続き二人の子供の世話に参加して、家族全員で、この二人の子供を守る決意だそうです。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら