429、戸籍61通

2024年1月22日

お兄様が亡くなったということで、Aさんが無料相談にお越しになりました。お兄様の妻は既に亡くなっており、二人の間にお子様がいない為、お兄様の妹であるAさんが相続人代表として手続きを行うこととなったのですが、Aさんには兄弟が多く、どうやって進めたらいいかと途方にくれていました。

 お話をお聞きしたところ、Aさんは12人兄弟姉妹の末っ子で、上の兄弟姉妹も姉一人を除いては既に亡くなっており、その姉も含め、年の近い兄家族やお兄様以外とは長年交流がないとのことでした。亡くなられているご兄弟の甥や姪も相続人となる旨を説明しましたが、甥や姪には過去に1度会ったことがあるかどうかという程度で、近況は全く知らないという状況でした。

 また財産内容を調査したところ、お兄様の相続財産は銀行預金が主で、ご自宅不動産は妻名義となっていました。妻はお兄様より先に亡くなっており、妻の相続手続も行う必要があります。ただ妻には兄弟姉妹がおらず、その甥姪もいないということなので、すべてお兄様が相続することとなり、自宅不動産もお兄様の遺産分割の対象となります。

 早速、相続人確定の為に戸籍取得を開始しました。第三順位である兄弟が相続する場合には、被相続人の死亡から出生までの戸籍に加え、直系尊属の死亡から出生までの戸籍、兄弟姉妹の現在戸籍、亡くなっている場合には被代襲者(亡くなっている兄弟姉妹)の死亡までの戸籍、そして代襲者(甥姪)の現在戸籍…等を取得しなければなりません。
 お兄様の妻の相続人については、ご兄弟がいたものの幼少期に死別しており、配偶者であるお兄様しかいないことが判明しました。
お兄様の相続人については、12人兄弟で転籍や養子縁組、離婚が複雑に絡み合い、多数の戸籍取得を要しました。ようやく12名の相続人が確定しましたが、その為に取得した戸籍は計61通に及びました。
各相続人の住所も調査し、Aさんより皆様にお手紙を出していただきました。甥姪10名については、早々に協力をする旨のご連絡をいただきましたが、お姉様については高齢ということもありなかなか連絡がスムーズにいきません。それでも何度もご連絡をして何とかご協力をいただくことができ、相続人12名による遺産分割協議が無事まとまりました。

 Aさんは、61通の積み重なった戸籍をご覧になり、驚くとともに相続手続の煩雑さを改めてご認識されたようです。Aさんからは相談してよかったとのお言葉をいただきました。

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595 今すぐお気軽にお電話をどうぞ。
いまをすてきにすごしているあなたへ、エンディングノート「わたしの歩いた道」
サービスのご案内
相続手続一覧

無料相談受付中 通話無料のフリーダイヤル 0120-366-595

お客様の声

過去の事例

相続支援センター全国ネットワーク

事務局の地図はこちら